ママ活サイト

ママ活の募集とサイト・アプリの使い方

年上女性とデートするだけで大金が貰えるならやってみたいな

 

そう考えている若い男性は多いのではないでしょうか?

 

バイトが辛すぎたり、安月給だったり、理由は様々でしょうが、近年ママ活を始める人が増えています。

 

「先輩後輩など、煩わしい人付き合いが必要ない、気楽なホスト」

 

恐らくこの表現が実態に一番近いと思います。ハッキリ言ってある程度ビジュアルに自信があるのであれば、普通のバイトなんてやっている場合ではありません。

 

今回は、これからママ活をやってみようと考えている人に向けて、この記事だけ読めば完璧にママ活が出来るマニュアルとして解説文を書いていきます。

 

一通り読んでもらえれば、どうやってママ活をやって稼げばよいのか全て理解できるはずです。

 

最後まで読んだら、すぐにママ活を始めてみましょう。

 

ママ活でママを探すのはどこでやったらいいの?

この文章を読んでいる方は、ママ活に興味があるはずなので、「ママ活とは?」みたいな基本的な部分は省略します。

 

念のため一言で格なら、「パパ活」の男女逆転バージョンだと理解してください。

 

では、早速ママ活を始める際に最も大切な「ママ候補をどこで探したらいいのか」について書いていきます。

 

正直言って、今ママ活を始めるなら、以下の三つ以外はオススメできません。

 

その理由も後ほど詳しく解説します。

 

ワクワクメール

現状ママ活をスタートするならベストな場所として一押しなのは、ワクワクメールとなります。

 

日本でも最大手の出会い系サイトです。ワクワクメールの特徴として登録女性の年齢層が幅広い事が上げられます。

 

特に40代以上の人妻率が高いため、ママ活のターゲットが豊富です。

 

また、その他の大手出会い系では「ママ活・パパ活禁止」のサイトも多いため、ママ活を考えている男女が集まる場所となっています。

 

Jメール

二つ目にオススメするのがJメールです。こちらはワクワクメールに比べると登録者の年齢層は低くなります。

 

その為、姉活(30代以下)の女性を探すのであればこちらも良いでしょう。

 

簡単に食事を誘い出せる掲示板があるので、スムーズに相手を探せます。

 

ただし、ワクワクメールと比較してしまうと女性の数は少ないのも事実です。

 

イククル

イククルもママ活が出来るサイトとして有名ですが、Jメールと同じく、ワクワクメールと比較するとやや女性の登録者数が少なくなります。

 

基本的にはワクワクメールをメインで使いながら、Jメールとイククルをサブとして使う方法がベストでしょう。

 

上記のサイト以外でのママ活をオススメしない理由とは

上記でオススメした通り、ママ活をスタートするのであれば、大手出会い系サイトがオススメです。

 

とは言え、同じく大手のPCMAXやハッピーメールなどは、ママ活やパパ活を禁止しているので、結果的にワクワクメールがベストとなります。

 

ママ活専門アプリの方が簡単じゃないの?

 

そう思った方も居るかもしれません。ですが、少なくとも今(2020年4月時点)では、使えるママ活アプリは存在しません。

 

確かに、専門アプリはいくつか存在しますが、どれも女性の登録者が皆無です。

 

ほとんど居ない女性に対しその100倍近い男性がアプローチするわけですから、上手く行くはずがありませんよね。

 

今後新しいサービスが生まれるかもしれませんが、現状では全く使えません。

 

ツイッターでママ活してる人が居るけど?

 

ツイッターを使えば良いのでは?と疑問の人もいるはずです。

 

実は、1年半くらいまではツイッターを使っても、ママ活が成功することもありました。

 

当時は「ママ活」という言葉が一般的ではなかったので、ツイッターを使って年上女性を「ナンパ」するスタイルでママにして、小遣いを貰っている人たちが居たのです。

 

ですが、高校生補導のニュースで「ママ活」という言葉が一般に知られると、ママ活を始める男性も増え、それに応じてそんな男性を狙った詐欺が急増しました。

 

渋谷に誘い出して、現金を要求するママ活詐欺女性が話題にもなりましたが、ツイッターで「ママ活」と書き込む女性はほとんどが詐欺です。

 

その後ツイッターでは引っかからなくなったため、ネット上の無料掲示板やライン掲示板などに広まっています。

 

出会い系サイト内では、通報があると即アカウントが削除されるため、詐欺に引っかかる可能性は最も低いのが現状です。

 

ツイッターに比べると出会い系サイトは、登録や年齢認証で若干面倒かもしれませんが、その分安全にママ活が行えるのです。

 

ママの探し方実践マニュアル

では、ここからはワクワクメールに登録したとして、その後実際にママ候補と会うまでの流れをマニュアル形式で解説していきます。

 

特に難しいことは無いので、書かれた通りにやってもらえれば、問題なくママ候補と会えるはずです。

 

①ワクワクメールに登録する

まずは、ワクワクメールに登録します。悩む部分は無いはずなので、普通に進めていきましょう。登録で無料ポイントがもらえます。

 

②登録したら、年齢認証を済ませる

登録したら、次は年齢認証を済ませましょう。これを終えないとメールが送れません。

 

身分証の年齢部分以外は付箋等で隠してOKなので、個人情報が洩れる心配もありません。

 

③プロフィールを埋める

年齢認証を終えたら、プロフィールを埋めていきましょう。ママ活目的の場合プロフィールに工夫が必要なので、説明します。

 

サイト内で女性にメールを送った場合、相手の女性が最初に行う事はあなたのプロフィールを見て、どんな人なのか確認する事です。

 

ですから、「ママ活目的」が伝わること「年上女性から好まれる」事を意識したプロフ作りが大切です。

 

プロフ作りの基本的な考え方

・お金がない事を伝える

・時間があること(バイトを辞めれば昼間でも会えること)を伝える

・ビジュアルは悪くないことを伝える

・プロフでママ活と書かない事

 

お金がない事を伝える

ママ活の目的はお金ですが、プロフィールで「お金下さい」と書いてあってはママ候補も引いてしまいます。ですから、プロフでは貧乏なことをアピールするだけで十分です。

 

「この子はお金に困ってるのね」と分かってもらえれば良いのです。

 

時間があること(バイトを辞めれば昼間でも会えること)を伝える

ママ活の場合、人妻が相手の事も多く、夜間より昼間のデートを希望する女性も多くなります。

 

なので、時間の融通が利くことを伝えるとプラスになります。

 

忙しくても良いのですがその場合は「貧乏でバイトを沢山しないといけないので」と伝える事によって、「お小遣いならあげるから、バイトなんて辞めて出てきなさい」と言ってもらえるチャンスが増えます。

 

ビジュアルは悪くないことを伝える

ここはごまかしようのない事実なのでハッキリ言いますが、ママ活において「ビジュアル」はトップクラスに大切な部分です。

 

ホストをやるよりシビアかもしれません。なぜなら、ホストであればしゃべりで気に入られることも多いですが、ママ活の場合ビジュアルが良くないと、そもそも会ってもらえません。

 

逆に言うとビジュアルさえ良ければ、ママ活なんて楽勝とも言えます。

 

ですから、自慢になり過ぎない程度にビジュアルが良い事を伝えるようにしましょう。

 

プロフでママ活と書かない事

一番多い間違いがメールやプロフで「ママ活」と書いてしまう事です。

 

確かに話は一番早いのですが、成功率は極端に落ちます。

 

もちろん女性もママ活とは分かっていますが、プライドもありますし、ストレートにママ活ですと言われると、冷めてしまいがちです。

 

客観的に見てママ活だとしても、あくまで「若い男の子とデートして、彼は貧乏だからお小遣いあげてるのよ」という形を作って、言い訳をさせてあげる事が大切なのです。

 

上記ポイントを押さえたプロフィールのサンプル

都内の大学2年生です。好奇心旺盛で色々チャレンジしたいと思っていますが、一人暮らしなので生活のためにバイトに追われる日々です。

大人の女性にリードされて、新しい経験をしてみたいので、お付き合いいただける年上女性が居ましたら、是非声をかけてください。

身長175cmのやせ形です。芸能人だと横浜流星に似てると言われたりします。

 

④プロフィールに貼る写真を用意する

プロフィールが出来たら、最後に写真を選びます。

 

先ほども書きましたが、ママ活においてビジュアルは最も大切な要素です。

 

ですから、写真は出来るだけ載せた方が良いでしょう。顔バレするような写真を使いたくない人は、横顔等でも写し方によっては何とかなります。

 

もちろん、加工アプリを使ってもOKなので、出来る限り印象の良い写真を使いましょう。

 

ここから、女性とのやり取りに移りますが、返事が来ないとすれば「写真が悪い」可能性が最も高いです。その場合は写真を色々変えてみましょう。

 

基本的な傾向としてママになる人は「カッコいい」より「可愛い」男性を選ぶ傾向にあります。

 

ですから、決め顔で睨み付けるような写真ではなく、微笑んでいる優しい表情の写真を選ぶと良いでしょう。

 

⑤ワクワクメール内の掲示板「いっしょにご飯」を使ってみる

プロフィール写真まで入れたら、女性を誘う準備は完了です。早速ママ候補を探してみましょう。

 

ママの探し方は2種類あります。

 

一つ目は掲示板「いっしょにご飯」を使ったママの探し方です。

 

その名の通り、一緒にご飯に行く相手を探す掲示板となります。現状では、男性の書き込みで最も多いのは「パパ活女子」を狙った書き込みですね。

 

男性からは女性の書き込みが見られますが、そちらも「パパ活女子」がパパ候補を狙った書き込みばかりです。

 

基本的にママ候補が、若い男の子を狙って「いっしょにご飯」に書き込みすることは、ほぼありません。

 

ですから、自分から書き込みしてママ候補を誘う必要があります。

 

こちらの掲示板の書き方なのですが、プロフィールの書き方と基本的には共通します。

 

もろにママ活などと書かない方が無難です。もちろんママ活と書いてもかなりのイケメンであれば、勝手に連絡は来ます。

 

ですが、成功裏が、高いのは以下のようなオブラートに包んだ書き込みです。

 

掲示板への書き込みサンプル

今週僕と食事に行ってくれる年上女性がいらっしゃいましたら、是非お願いします。

 

時間だけは有り余っているので、女性の都合に合わせられます。ただ、金銭的に厳しいので配慮いただけると嬉しいです。

プロフ確認していただいて、良かったらメールください。

 

こんな書き方でも、プロフと合わせて十分女性には「お小遣い目的」と伝わるので大丈夫です。

 

お金ないのでママ活で小遣いくれる女性募集してます

 

と誘われるより、印象が良いのは理解できますよね。

 

ビジュアルが一定以上なら、これで女性からメールが届くと思うので、そのメールに関してはある程度自分の希望を伝えても良いでしょう。

 

ただ、初回は顔合わせと言って、実際に気に入るかどうかの面接的な意味合いもあるので、初回からあまり要求しない方が無難です。

 

ホントにお金なくて、交通費だけ5000円貰っても大丈夫ですか?

 

などと伝えてみると良いでしょう。そう伝えても、実際に会って気に入られれば初回から数万円貰えることが大半です。

 

⑥プロフ検索からママ候補にメールする方法

掲示板を使ったママの探し方以外に、プロフ検索からメールする方法があります。

 

出会い系サイト内でのママ候補の探し方は、この二つのどちらかを選びましょう。

 

その他(例えばアダルト系掲示板)などを使うと、リスクがあるのでオススメしません。

 

安全性で言うなら、プロフ検索からメールをするのが最も安全です。

 

では、やり方を説明します。

 

まず、ワクワクメールのプロフ検索画面で、条件を入力します。

 

オススメの条件

・既婚にチェックを入れる
・年齢は40歳以上
・やや広めの行動範囲

 

既婚にチェックを入れる

検索画面で既婚にチェックつまり人妻をターゲットにします。

 

もちろん、既婚でなくてもママになってくれる人は居ます。ですが、独身の場合恋人探しで登録している人の割合が増えます。

 

それに対して人妻の場合、恋人探しだとしても「火遊び」という事になる訳で、「若くてかわいい子ならママ活もありかな。」となりがちです。

 

ですから、最初から人妻にチェックしたほうが、効率が良くなります。

 

ちなみに、「人妻で出会い系サイトに登録している人なんてそんなに居るの?」と思う方も居るかもしれませんが、とんでも無い人数居るので安心してください(笑)

 

年齢は40歳以上

お金を稼ぎたいだけではなく、お姉さんとデートしたいという気持ちがあるのであれば、30代でも構いませんが、あくまで「ママ活で稼ぐ」事が目的であれば、40代以上を狙いましょう。

 

むしろ、50代も狙い目です。「50代なんて抱けないよ・・」と思うかもしれませんが、ママ活の場合、身体の関係が無い方が多数なので、安心してください。

 

やや広めの行動範囲

女性の住んでいる場所を、自分の近くで設定するのではなく、例えば東京に住んでいるのであれば、千葉や埼玉も入れた方がベターです。

 

なぜなら、相手は人妻が多いため、生活圏ではデートできません。

 

埼玉に住んでいても、ママ活の時は東京に出てくるといったパターンが多くなります。

 

ですから、周辺地域も含めて検索してみましょう。

 

プロフ検索の裏ワザは「若い」「ジャニーズ」「年下」

プロフ検索を実際にしてもらうと分かりますが、どの地域でもとんでもない数の人妻がヒットするはずです。

 

「数千人出てきて、どう選んだらよいのか分からない」と悩む人も多いでしょう。

 

その場合は、検索ワードに「若い・ジャニーズ・年下」などを入れて検索してみましょう。

 

例えば「年下」などで検索すると「年下の可愛い男の子が好きです」などとプロフィールに書いてある女性がヒットします。

 

同じように、「ジャニーズ好き」や、「若い子」などと書いてある女性が見つかりやすいので、そういった女性を優先的にメールしてみると良いでしょう。

 

プロフ検索をしたら、数人のママ候補にメールを送ってましょう。

 

自分のプロフィールで伝えたい事は書かれているので、ファーストメールはシンプルに挨拶的な内容で大丈夫です。同じメールを数人に送ってしまっても良いでしょう。

 

ファーストメールサンプル

初めまして、プロフィールを見てメールさせてもらいました。都内の大学2年生です。

 

僕のプロフィールを見ていただいて、もし良かったらメールでお話ししませんか?

 

よろしくお願いします。

 

こちらも掲示板と同じように、返信率が悪ければ、写真を見なおしてみましょう。

 

ここまでの流れを実践してもらえば、ママ候補と会うまでは誰でも成功できるはずです。

 

内容的にも難しい部分は無かったと思います。

 

次は、ママ候補と会った後、ママ活を上手くやるコツなどを中心に解説します。

 

ママと小遣いの交渉方法について

ママ活はあくまでお金のためにやっているわけですから、いくらもらえるのかは最も大切な部分です。

 

この小遣い(お手当)の貰い方にはいくつかパターンがあります。

 

1.時給で貰う方法

一つ目がバイトのように、時給で貰う方法です。会ってから別れるまでが3時間だとしたら、時給5000円×3時間で15000円貰うと言った形です。

 

最も「仕事感」が強い方法なので、ママはあまり好まない支払い方法です。

 

この方法のメリットとしては、ママがダラダラと長く話したり、なかなか開放してくれなくてもその分貰える額が増えるという点です。

 

逆に言うと、すぐに帰られてしまうと儲かりません。

 

「顔だけ見たかった」などと頻繁に呼び出されると、きつくなるので相手に応じて選択しましょう。

 

2.毎回定額で貰う方法

ママ活で一番多いのが「定額でもらう」方法です。例えば会うたびに帰りに「交通費ね」などと5万円もらう。と言った形です。

 

時給に比べデート感も損なわれないため、ママに好まれます。

 

「お金払ってデートもしてもらってるんじゃなくて、デートの帰りに交通費あげてるだけ」と女性のプライドも保てる形です。

 

この方式の弱点は、徐々に拘束時間が長くなる傾向になるところです。

 

そうなった場合、別途お買い物をしてもらうなど、デート先を工夫すると良いでしょう。

 

大抵のママが、この支払形式を選びます。

 

3.月額の定額制

毎月30万とか50万とか、定額を月初めにもらう形式です。

 

パパ活では多いですが、ママ活においてはあまり多くない形です。

 

この形の場合、「愛人感」が強くなるので、どうしても身体の関係が必要になりがちです。

 

また、束縛や拘束時間も多くなるので、かなりの高額を提示されない限り、都度払いにして持った方が良いかもしれません。

 

ママとのセックス(身体の関係)はあるのか?

ホストの個人事業主版だと考えて、「ママ活はおばさんを抱かないと出来ないからな」などと躊躇している人も多いでしょうが、実はママ活において身体の関係はそれほど多くありません。

 

実際にママ活プレイヤー数人に聞いてみたところ、身体を要求してくるママは3割くらいとの事です。

 

残りの7割は、イケメンとデートしたり「鑑賞したり」したいだけなのです。

 

なので、「おばさんなんて抱けない」と諦める必要は全くありません。

 

とは言え、「ホテルの前でひたすらごねられた」とか性欲モンスターみたいなおばさんが居る事も事実です。

 

ですが、そんなおばさんは、切ってしまえばよいだけです。

 

パパ活と違って、「無理やり抱かれる」リスクも男性の場合はありません(笑)

 

ですから、ママとのセックスが障壁となって、チャレンジしてないのであれば、気にせず始めてみましょう。

 

一部の若い子で「熟女好き」も居るので、そういった子は趣味と実益を兼ねてますね(笑)

 

また、30代の人妻を狙って、「Hがしたい人」だけとママ活・姉活をしている男子も居ます。

 

ママ活ってどのくらい稼げるの?相場ってどのくらい?

これからママ活を始める人なら、一番気になるのが「どのくらい稼げるのか?」なのかもしれません。

 

これに関しては、個々の契約となるため、かなり大きな差があります。

 

とりあえず、「ママを抱くか?」でアンケート取ったメンバーにその辺も聞いてみました。

 

その結果平均月収は60万円前後となりました。

 

ただし、この金額は難しく、「どのくらい本気でママ活をやっているか」次第で数倍変わります。

 

「楽なバイトとして月10万稼げればいいや」なのか「ママ活で大金貯めて起業してやる」なのか。

 

個人的見解としては、その他のバイトを辞めて、仕事はママ活一本(学生)なら確実に月に100万は稼げると思います。

 

「ランチママと昼にデートして5万、夜は別のままとディナーで5万」

 

こんなことは難しくありませんし、ママ活の場合デート中に色々買ってくれるので、賢い男子は、数人のママに同じものを買ってもらい、一つを残して全部メルカリで売っています。

 

メルカリで高値で売れる商品も調べていますし、デートで買いやす物もリサーチします。

 

そうやって、上手くプレゼントしてもらっていけば、現金の小遣いより、メルカリ収入の方が多くなります。

 

そこまでやると、月に200万以上も見えてきます。

 

とは言え、そこまでガチでやりたくない人も多いでしょうから、感覚的に言いますと、週に2回のバイト感覚でママ活するのであれば月収30万程度。

 

ある程度ガチで稼ぐなら月収100万以上と考えればよいでしょう。

 

工夫次第でいくらでも増やせます。

 

ちなみに、デートで貰う現金の相場ですが、3万から5万円が最も多い相場です。

 

しかし、これも人によって全く違いますから、太いママを見つけるまで頑張って探してみましょう。

 

ママ活って結構大変なの?それとも楽なの?

頑張れば月に100万円以上稼げるのがママ活なので、「結構大変なのでは・・」と思うかもしれません。ですが、実際には「かなり楽な仕事」と言えます。

 

理由は色々ありますが、例えばホストのようにノルマがありませんから、だるい日はさぼっても問題ありません。先輩からいじめられるなどの人間関係ストレスも皆無です。

 

そして、実際のママ活ですが、何をしているかと言うと、会って、ご飯食べて、おしゃべりして、帰る。

 

これだけです。正直言ってお金が発生するような、大したことは何もしていません。

 

話が面白いママと出会えると、完全に友達と食事に行って帰ってくるのと大差ありません。

 

それなのに、仕事になってしまうのです。若いうちしか出来ないという点がありますが、あまりにも楽な仕事と言えます。

 

ただし、ママ活で100万円以上稼いでる人は、それなりに努力しているのも事実です。

 

毎日、ママに一度はラインで連絡しますし、ママからのくだらないライン「髪切ったよ~」などにも「いつも若いけど更に若くて綺麗になったね」などとお世辞を送りまくっています。

 

こういった、女性を気持ちよくさせるサービス的な努力は必要でしょう。

 

とは言え、ライン返すだけで毎月100万円貰えるなら誰でもやると思いますが(笑)

 

ママの人数と収入を増やす裏ワザをご紹介

今回は私のママ活知識をすべて公開しているので、最後に裏技も紹介してしまいます。

 

私自身が最近ママを増やす際に使っているやり方です。

 

その方法とは、「ママに別のママを紹介してもらう」という方法です。

 

「え?そんなこと可能なの?」と思った方が大半ではないでしょうか。

 

例えばパパ活で、男友達を別パパとして紹介する事なんてあり得ませんよね。

 

ですが、女性の考え方は男性とは違うのです。若い綺麗な男性と遊んでいると、親友などに自慢したくなってくるのです。

 

実際私もそうやって、ママの友達と一緒にお茶などをしました。そうすると「私も彼とデートしたいから今度貸しなさいよ」などと普通に言ってきます。

 

「僕は構いませんよ」と回答して、友達のママともデートするようになりました。

 

そうやって、一人のママから3人ママが増えたのです。

 

この方法の最大のメリットは、実はママが増える事ではありません。

 

私がママとデートすると大抵「○○さんともご飯逝ったんでしょ?どうだった」と聞かれまさう。

 

興味半分嫉妬半分なのでしょうか。 私はこう答えます。

 

○○さんもママ紹介だけあって流石にお金持ちだね。帰りに10万くれたよ

 

こう答えると、ここから先はホストと同じです。お互いに顔を知っているだけに、プライドなのか嫉妬なのか、小遣いが勝手に吊り上がっていきます。

 

こうやって、私の場合はママを増やしながら収入は5倍以上になりました。

 

この方法は、ママ活仲間に教えましたが、その後「ホント聞いた通り上手く行ったよ」と喜んでいたので、きっと良い方法なのでしょう。

 

ママ活の募集とサイト・アプリの使い方 まとめ

だいぶ長くなってしまいましたが、これからママ活を始めてみようと考えている人が、スムーズにママ活が出来るように考え、出来る限り簡単に解説したつもりです。

 

たまに、かなりのイケメンなのにコンビニで働いている同世代などを見ると「ママ活なら10倍稼げるのもったいないな」などと勝手に考えてしまいます。

 

ママ活に否定的な人が居る事も知っています。

 

ですが、ビジュアルと若さという能力を換金する事の何が悪いのでしょうか?

 

ボール蹴りが得意な人がサッカーでお金を貰っていることと本質的には同じです。

 

逆にコンビニでバイトしている人は、「能力の無駄遣い」としか見えません。

 

色々文句言っている人より、ママ活で手元に数千万残した人の方が最終的には勝ち組です。

 

少なくとも私はそう思って、現金を貯めています。

 

私の意見に賛同してくれる人たちが、同じようにママ活で稼げる一助になれば嬉しいです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です